あらきん商店でメイオールNEO(アルコール製剤)が大幅値下げ!パストリーゼ77が一向に買えない方にもお勧め

2020/8/26~楽天で大幅値下げ メイオール新型コロナウィルス

2020/9/1追記:
半期決算セールで2020/9/1現在、値引き価格からさらに300円安い7,800円で販売されているようです。いつまで続くかは分かりませんが、値下げ価格の8100円の部分は適宜読み替えください。

コロナ禍で脚光を浴びた、食品添加物のアルコール製剤(エタノール製剤とも)。数ある製品の中から私がメイオールNEOを選び、購入したのは楽天市場の「あらきん商店」さんでした。そのあらきん商店さんから、先日メールマガジンでメイオールNEOの大幅値下げ案内が届きました。

購入済みの者として正直あまり嬉しくはないのですが、まだの方にとっては朗報です。今回の値下げにより、メイオールNEOはパストリーゼ77よりも安くなり、真にお勧めできる製品となりました。

本ページでは、メイオールNEOの基本情報や、値下げ額、購入できる兄弟製品等をご紹介します。加えて過去の私のように、パストリーゼ77にこだわっていて一向に買えない……という方のために、気づきとなりえるかもしれないことを書いてみました。

新たにアルコール製剤の購入をご検討中の方や、メイオール製品に興味のある方の参考になれば幸いです。

メイオールNEOとは

メイオール

そもそものメイオールNEOってなに!?という方のために、ざっくり概要だけ書いておきます。すでにご存じの方は次項まで読み飛ばしてください。

食品添加物のアルコール製剤

メイオールNEOは、食品添加物のアルコール製剤(エタノール製剤)です。主に飲食店や食品加工などの業務内で、殺菌・消毒用として使用されています。

本製品は業務用のため、従来は一般消費者が手にすることはまずなかったことでしょう。しかし現在のコロナ禍による消毒液特需で、一般消費者にも小売店が販売するようになったというわけです。

最大のポイントは、成分の99%以上が水とエタノールだということ。そして食品添加物ということで万一口に入っても問題ないことです。食品に直接吹き付けたり、練り込んだりすることまでできちゃいます。

アルコール濃度が高いので揮発性も高く、わずか数秒~数十秒で揮発するため、拭き取る必要もありません

つまりは気軽に除菌・消毒に利用することができます。

使えるシーン

食品添加物アルコール製剤は非常に汎用性が高いです。以下のように様々なシーンで利用することが可能です。

  • コロナ対策としての消毒に(手・指・ケータイなどの所持品に)
  • 食品・食材の日持ち向上に
  • ペットのトイレの除菌に
  • 夏場のゴミ箱内の腐敗(臭い)防止に
  • シンク・まな板、包丁、箸・カトラリーなどの除菌・防かびに
  • 肉類・卵や、その使用済み容器の除菌に
  • 歯ブラシの除菌&臭い防止に
  • 虫が出た際の殺虫に(ゴキブリも衛生的に退治可能)
  • テープの剥がし跡掃除に
  • 油を含む汚れの拭き取りに
  • その他衛生面で気になる所の除菌・消毒に

ただし、樹脂、塗料、ワックスなどが塗布されたもの、ゴム、革製品などアルコールに弱いものには使えません。

つぼにはまる人にとっては最高に便利なアイテム

きれい好きな人、潔癖症な人、赤ちゃん・小さな子どもがいる人、ペットを飼っている人等など。こういったツボにはまる人にとって、食品添加物のアルコール製剤は最高に便利なアイテムです。

かくいう私もツボにはまりまくっている当人で、無いと生きていけないレベルかもしれません(大げさ)。

家に置いているボトルは現在3本。台所、玄関、リビングです(本当はトイレや洗面台、ベランダにも買い足したいと思っています)。コロナ禍はもちろん、それ以前でも使わない日はありえなかったほどです。

メイオールは大手の歴史あるアルコール製剤

私はこれまでパストリーゼ77という有名製品を長らく使っていましたが、コロナ禍で買えなくなってしまいました。そんなおり代替製品を調べまくった結果、納得して購入したのがこのメイオールNEOです。

メイオールNEOは、メルシャン時代から業務用として使われ続けてきた由緒正しい、実績ある製品です。現在は三菱ライフサイエンス株式会社が販売していますが、いずれにしても大企業が販売していますので安心感があります。

先ほどのとおり業務用のため、お店で買えるパストリーゼ77とは異なり一般消費者に対する知名度はほぼ0。しかし製品的には、有名なパストリーゼ77にも劣らないものと私は考えます。

なお、メイオールNEOについてご興味を持たれた方は、以下の専用の解説ページもよろしければ参考になさってください。

20/8/26:あらきん商店でのメイオール製品に大幅値下げがあった

9,720円→8,100円

そんなメイオールNEOですが、大手ネットショッピングモール:楽天市場では、あらきん商店さんが継続して安価に販売してくださっています。

元々他店より安かったのですが、8/26にあらきん商店さんのメールマガジンで、さらなる値下げの案内がありました。対象はメイオール製品全般。値下げ幅は1000円以上という、大幅値下げです。

私が購入時は9,720円(税込)

私がメイオールNEOを購入した時(7月上旬)、価格は税込9,720円でした。コロナ禍において比較的良心的な価格であったと思っています。一斗缶で2万とか普通にありましたらからね。

後述しますが実質は8,000円弱相当で購入していますので、この値段でもそれほど高額な印象はありませんでした。

8,100円(税込)に値下げ

20/8/26より、あらきん商店さんは8,100円で販売するとのこと。私が購入した時より、なんと1,620円もお安くなっています。もしもその前日に注文していたら涙で枕を濡らすレベルです(嘘)。

当初からこの値段であれば迷わず購入していただろうなぁと思うほどのお値段。大手製品では最安値クラスです。

パストリーゼ77より安くなり、代用品として万人にお勧めできるように

値段の高い・安いを判断する際の指標として、私はパストリーゼ77を基準にしています。例えばパストリーゼ77の一斗缶は税込9,288円。コロナ禍でなければ定価よりも1割位安く買えるのはザラですので、1割差し引いても8359円です。

つまりは(平常時の)パストリーゼ77の一斗缶と、(現在の)メイオールNEOの一斗缶とでおおよそ並んだことになります。

しかしコロナ禍の現在では、パストリーゼ77の値段は定価かそれ以上の金額が当たり前。そのため現時点においてはパストリーゼ77よりも1,000円以上安く買えるため、万人にお勧めできるようになりました。

まこと
まこと

それに、そもそもパストリーゼ77は瞬く間に売り切れるので買えないですしね。

ポイントを加味すれば7,000円前後にも!?

楽天市場で購入するメリットとして、ポイント制度があります。このポイントの付与倍率は、キャンペーンやクレジットカード保有、楽天証券、購入日などで変わります。

例えば以下です。

  • 楽天会員で+1倍
  • 楽天モバイル契約で+1倍
  • お買い物マラソン・スーパーセールの10店舗買い回りで+9倍
  • 楽天ゴールドカードで+4倍
  • 楽天カードの引落を楽天銀行で+1倍
  • 楽天証券での対象の利用で+1倍
  • 5の付く日にエントリーで+2倍
  • 楽天ブックス利用で+0.5

全部で19.5倍ですね。これは、実際に私が購入した時に受けた特典です。9,720円で買いましたが、単純計算だと1,895円のポイント還元。つまりは7,825円相当で買えていたわけです。

現在では8,100円ですから同じ条件で計算すると、1,579ポイント還元。つまり6,521円相当で買えてしまいます。

一斗缶でも、ここまで下がるわけですね。リットル単価では最安値クラスの383円(17L計算)。この金額で大手製品の一斗缶が買えるならば、コロナ禍でまだアルコール製剤をお持ちで無ければ買わない理由は無いと言えるほどです。

あらきん商店での購入について

あらきん商店×メイオール

よさげだな、と思われた方向けに、あらきん商店さんで購入される際に知っておきたいことを書いておきます。

コロナ禍でも基本は買える

私があらきん商店さんでメイオールNEOを購入したのは、東京でコロナの新規陽性者が200人を超えたとき。つまりは第二波に入った時点での購入でしたが、それでも取り寄せ後の発送でした。具体的には注文から到着まで4日です。

8月末の現在では「1~2日以内に発送」の表記。つまりは基本的にはよほどで無い限りいつでも買える状態ですので、焦らなくてもOKです。

取り扱いのあるメイオール3兄弟の違い

あらきん商店さんで売っているメイオール製品は全部で3種類。全種類併記すると、以下となります。

  1. メイオールNEO 15kg(8,100円)
  2. メイオールNEO67 20L(8,150円)
  3. メイオールNT 15kg(8,100円)

今回、メイオールNEOだけではなく、1~3全てお安くなりました。

1のメイオールNEOが標準的なタイプ(アルコール75%)。15kgなので17L前後と推測されます。

2のメイオールNEO67はアルコール濃度が67%と低いタイプ。その分移しかえやすいコックがついていて、しかも20Lと少し多いのが特徴。

3のNT75は液体が中性なので金属にもさびにくいタイプ。

いずれを選んでも除菌・消毒(コロナ含む)可能です。特に理由が無い場合は、メイン製品であるメイオールNEOを選べば間違いないでしょう。

販売は一斗缶のみ

注意点としては、一斗缶での販売となるということです。もともと業務用のため、一斗缶がスタンダードなのだと考えられます。

わかば
わかば

でも、一斗缶買うのは容量が多いし、勇気いるよね。。

私もいつも1,000mlのパストリーゼ77を毎回買っていたので、一斗缶(17L前後)はちょっと冒険でした。

ただ、コロナのワクチンができるのが早くても2021年前半でしょうか。加えて安全性が確認でき、全国民に行きわたるまで考えると、これから1年前後以上はかかりそうです。

アルコール製剤は“ペコン”ときちんと蓋を閉じれば年単位で保存できますので、おそらく大半の方は持て余すことは無いのではないかなぁと思います。

まこと
まこと

たぶん一斗缶を使い切るころには、多くの方がアルコール製剤が生活の一部になり、無くてはならないものになっているような気がします。

パストリーゼ77の購入にこだわっていてまだ買えていない人へ

とは言いつつも、パストリーゼ77が瞬時に売り切れる現状を考えると、以下のようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

わかば
わかば

テレビやネットでパストリーゼがいいっていうのを見たから、やっぱりパストリーゼが欲しい……。

お気持ち、分かります。なぜなら私がそうだったからです。特にその分野のことに詳しくないほど、メディアが発する「良い」という意見に従っておいた方が間違いが無い=安心ですからね。

パストリーゼ77とメイオールNEOは大差ない

パストリーゼ77とメイオールNEOは、1%未満ではありますが成分の違いがあります。詳しくはメイオールを徹底研究した際の以下のページ(再掲)をご覧いただければと思います。

逆に言えば、エタノールと水が99%以上で同じです。見方を変えれば成分はほぼ同じ製品であるとも言えます。

私も実際に1ヶ月以上使っていますが、匂いや揮発する感じなどの使用感も変わりません。全くと言っていいほど違いが分からない位です。

しかも先ほどのとおり値段も変わらない&メルシャン時代から販売していて実績もあります。

人によって考え方の違いがあるので断言はしませんが、個人的にはパストリーゼ77とメイオールNEOは大差ないと考えます。

パストリーゼ77は一向に買えない

コロナ禍においてアルコール製剤が話題になり、テレビを始めとするメディアでパストリーゼ77が紹介されました。そのため大人気商品となり、店頭やネットショップで買えなくなってしまいました。

コロナが始まった3月~はもちろん、もう9月にもなりさすがに行き渡ったであろうという現在でも一向に買えません。ドラッグストアなどの店頭に入荷することもあったり、ネットショッピングで定期的に在庫があったりもするようなのですが、私はほぼ出会うことがありませんでした。

まだまだ当面は買えない可能性も考慮に入れた方が良さそうです。

本当にパストリーゼ77の必要がある?

こんな状況ですから、「本当にパストリーゼ77を買えるまでがんばる必要があるのか?」と自問してみると良いと思います。ちなみに私の場合はこうです。

まこと
まこと

ずっと使ってたパストリーゼが欲しいけど買えないものは仕方無い、アルコール製剤を切らすことに比べれば、他の製品で消毒した方が合理的か……。

もちろんそれは私の場合で、自分で考えてみた上で、やっぱりパストリーゼ77の方が安心できる……という場合もあるかもしれません。ご自身で出された結論であればそれも一案と思います。

重要なのは、なあなあにせず自分でよく考えて判断することではないでしょうか。

いつもと同じボトルに入れてしまえばいつも通り

一斗缶入りのアルコール製剤は、ボトルに移しかえて使います。

私はパストリーゼ77のボトルにメイオールNEOを入れて使用していますが、パストリーゼを使っている時と同じ気持ちのよさは感じられますよ。先ほども書きましたが、少なくともパストリーゼ77とメイオールNEOにおいては使用感もほぼ同じですので。

頭ではメイオールを使っているのは分かっていても、いつものボトルで使っていれば雰囲気は変わりません。一斗缶に触れる=メイオールだなと再確認するのは月に1度レベルです(それがイヤとも思いませんが)。

いつものボトルでいつものように使っていれば、メイオールに買えても、いつもと同じような消毒・除菌の満足感を得られると思いますよ。

まとめ

あらきん商店さんでのメイオールNEOの値下げ情報および、パストリーゼ77以外にも選択肢としてあるよ、という提案を記事にしました。

本ページではメイオールNEOを取り上げましたが、もちろんそれ以外のアルコール製剤でも多くは問題無く使えることでしょう。その時々で、お得な値段で買える物を選べば良いと思います。

他の食品添加物アルコール製剤については、以下記事も参考にしていただければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました