コロナ禍での災害に備えてカセットコンロが欲しい!ヨドバシ.comで一人暮らしに最適な格安&安心な掘り出し物を見つけた件

ヨドバシ.comで買ったカセットコンロ&ガスボンベ新型コロナウィルス
わかば
わかば

カセットコンロがあったら安心できそうだなー。

……と、そうは思っていても、一人暮らしには必要不可欠でもないのがカセットコンロ。なかなか購入できないという方も多いのではないでしょうか。

私もそうです。20年を超える一人暮らしで必要性を感じたことは何度もありますが、買ったことがない……。

特に現状のコロナ禍、もしも大災害が発生したらやばいことくらい分かってます。そんな時にカセットコンロがあった方が絶対に良いことも重々承知。でも杞憂に終わるかもしれないしそうなったら無駄遣いかなぁ、という思考のループ状態。

そんな私ですがこの度、「やっぱりカセットコンロ買おう!」と決断しました。理由は2000年5月上旬に、関東で緊急地震速報が3回も鳴ったこと。連続での深夜の警報には肝を冷やしました。これならいつ大きいのが来てもおかしくなさそうだと。

ところがいざ買おうと調べたところ、コロナ禍のため在庫ぎれだったり、高かったりで迷いました。そんな時、ヨドバシ.comで掘り出し物を見つけ、良い品を購入できたのでシェアしたいと思います。

まこと
まこと

前置き不要で、何を買ったかすぐ知りたい方はこちらをクリックしてください。

コロナ禍で災害が発生したら半端無い恐怖

大災害のイメージ画像

そもそもコロナ禍で災害が発生したらどうなるかすら気にしていなかった……という方のために、めっちゃ恐いと言うことをお伝えしたいと思います。そんなことは重々承知という方は次項にスルーしてください。

インフラが止まって暖かいご飯が食べられない

まず、大きめの災害が発生するとインフラ(電気・ガス・水道)が一時的にストップすることがあります。例えば阪神淡路大震災の際には、ガスが完全復旧するまでに3ヶ月弱もの日数がかかっています。

とは言えしばらくすれば救援物資が届いたり、避難所ができたりもするでしょう。なので災害で飢え死ぬことは(おそらく)ないはずです。

それに家庭内の備蓄だって多かれ少なかれありますよね。常温で食べられるレトルト食品はもちろん、いざとなったら水でカップラーメンだって作れちゃうくらいですので。

でも、電気やガスが止まったら暖かいご飯を食べることはできません。火を使った料理もできません。

カセットコンロがあれば暖かい食事+αのメリットがある

暖かい食べ物は正義です。真冬や寒い地域の場合は特にそう。凍える寒さの中、電気も止まって暖房も付けられない状況であれば、カセットコンロはまさに神アイテムです。

カセットコンロがあれば、以下のようなことができます。

  • レトルト食品を暖かくして食べられる
  • 熱々のカップラーメンも食べられる
  • 食材があれば調理もできる
  • 煮沸消毒・熱湯消毒もできる
  • 少ないお湯で食器の油汚れを流し落とせる

あるのとないのとでは大違い。真冬なら時に生死を分けることもある、と言っても過言ではありません。

お店や避難所は三密状態でコロナがヤバイ

東日本大震災の後、スーパーでは開店前に敷地外までの大行列が見受けられました。数百人は当たり前、中には数千人もの人が並んだとのニュースも目にしました。当時私もそれらの行列に並びましたが、買い物に何時間もかかったことを覚えています。

同様に、ホームセンター、ドラッグストア、コンビニ、避難所、救援所にも凄まじい人が集まると予想されます。現在はコロナ禍のためソーシャルディスタンスが求められていますが、そんなことを言っていられないような状況になるのではないでしょうか。

コロナ感染者がいれば容易にうつりますし、避難所は遅かれ早かれクラスター化することが目に見えています。

まこと
まこと

災害時はそのストレスで免疫力も低下するので、重症化しやすい可能性も恐いですね。

コロナの第二波・第三波が来たらヤバイ

これを書いている現在、コロナ感染者は確実に減少しています。緊急事態宣言も全国で解除されました。

しかし先ほどのとおり、災害が発生すると“密”になる機会が増える。つまりは災害が引き金になって、第二波・第三波が発生する可能性は非常に高くなるのではないでしょうか。

災害時は、当然医療の現場も同じように被災します。PCR検査も充分にできず、医療体制もパンクしてしまうかもしれません。

当然外出のリスクも高くなります。しかし家の備蓄が尽きれば、生きるために物資を補給する必要がある。もはや死ぬよりはマシと、コロナ覚悟で外出することになるかもしれません。みんながそういう自体になったらめちゃくちゃヤバイですよね。

カセットコンロと備蓄が充分にあれば家で耐えることができる

というわけで、本当にコロナ禍+災害のセットは恐怖でしかありません。来ないでほしいですが、コロナ禍はまだまだ長引きそうですのでその分リスクは高まります。

これから先、梅雨・夏に向けて心配なのは大雨や台風。去年(2019年)は大きいのが2度も来て、千葉がかなりひどい被害を受けました。箱根等、他にもひどいところはたくさんあるのでしょう。

より被害が大きくなる可能性があるのは大地震ですが、これは常に心配があります。数十年の間に首都直下型地震等の大地震もありえると言われているのが恐ろしいところ。

これら災害発生時に生き抜くには、極論を言えば以下の4つが必要です。

  • 食料
  • 飲料水
  • 暖を取れること
  • ケガ・病気をしないこと(コロナ含む)

カセットコンロには、この内の食の質を大幅にアップでき、体内から暖を取ることに役立ちます。加えて加熱殺菌・煮沸消毒により、安全性も高められます。

例えコロナ禍であったとしても、カセットコンロと備蓄が充分にあれば、安全な家の中で長期間耐え忍ぶこともできるのです。

まこと
まこと

もちろんどれくらい耐えられるかは食料やガスボンベなどの備蓄量次第になりますが。

大手のカセットコンロはちょっと高い

大手のカセットコンロはちょっと高いのイメージ画像

防災面を考えるとカセットコンロはやっぱりあった方が良い!これ自体は誰もが疑う余地のないところでしょう。

しかしながら躊躇してしまうのはそのお値段です。カセットコンロは高くはないのですが、すごく安いとも言えない絶妙なお値段なんですよね。

大抵最初に目にするのは業界最大手のイワタニのコンロだと思うのですが、4000円~5000円くらいがよくある価格帯。来ないかもしれないものに備えるには、ちょいとばかし“小高い”ので買いづらいです。

防災目的なら機能は最低限でもよい!?

先のイワタニでは、いろいろなタイプのカセットコンロを販売しています。

  • 火力が強いタイプ
  • 外でも使えるタイプ
  • デザイン性が高いタイプ
  • エネルギー効率が高いタイプ

などなど。

しかし防災目的であれば、最低限の火が付く機能さえあればいいわけです。もちろん頻繁に壊れるようなものは論外ですが、口コミを見れば分かることも多いですしね。

ですので防災目的であれば、とにかく安さを重視して選ぶ手もある思います。このあたりは人それぞれの価値観次第ですが、少なくとも私は「安いのでいいや!」と考えました。

とは言え安全性は気になる

ガスコンロが爆発したなどのニュースは聞いたことはありませんか?安くてもいいとは言え、その安全性は気になるところです。小さくてもガス器具ですからね。

しかし調べたところ、現在のカセットコンロは、PSLPGマークという国の認証を通らないと販売できないとのこと。つまり国のお墨付きです。

PSLPGマーク
PSLPGマーク

国のお墨付き製品しか流通していないのであれば、そこまで気にする必要はないのかもしれません。じゃあ爆発等のニュースはなんなのかと言えば、学園祭などで並べて利用するなど誤った使用方法に起因するようです。

なお、安全性などのカセットコンロ全般についての基本は以下の過去記事も参考にしてください。

ガスボンベも安ければ維持費も安くて最高!

本体が安い方が良いのはもちろんですが、もう一つ気になるのはガスボンベのお値段。これが高いと維持コスト・備蓄コストが高くなり、本体が安くとも結局は割高になります。

保証問題を考えるとカセットコンロとガスボンベは同一メーカーが好ましいので、コンロとガスボンベの両方が安いのが理想です。

ちなみにイワタニはコンロもガスボンベもお高め。もう一社比較的有名と思われるニチネンは、ガスボンベは安いけれど本体は安くて3000円弱前後。イワタニよりは安いですが、もっと安く売っている会社も散見されます。

まこと
まこと

そりゃあ都合良くはいかないですよね。

ヨドバシ.comで良いアイテムを見つけた

アイ・システムネットワークZA-8M アイ・コンロ

どこのメーカーのを買ったらいいのかなぁ、そこそこ安くて信頼性が高そうなニチネンあたりかなぁ等と決めかけていた矢先。

面白い商品をヨドバシ.comで見つけました。それは、アイ・システムネットワークという会社が販売している、アイ・コンロというブランドのカセットコンロです。

イワタニの関連会社が販売

なんとアイ・システムネットワークは、カセットコンロ最大手イワタニの関連会社です。公式サイトを見ても、ロゴの上にIwatani Groupと表記してあります。その他にもホームページ上には、以下のような情報が明記されています。

  • トップページに「イワタニ産業のPB商品やOA機器を中心に販売」と明記
  • 主要販売先・仕入れ先に「岩谷産業株式会社及び岩谷産業グループ各社」と明記
  • 「イワタニグループのカセットコンロを多数取り扱っている」と明記
  • 大阪本社がイワタニ本社と同一住所
  • 東京営業部もイワタニと同一住所(岩谷産業ビル)
まこと
まこと

なにこれめっちゃイワタニ色つよい……

イワタニのPB商品(プライベートブランド)を販売とのこと。イワタニグループで作っているコンロなのかとも読み取れます。もちろんイワタニが販売するカセットコンロと同一品質とは限りませんが、それでもイワタニグループなのであれば信頼性もありそうです。

ここまでイワタニと近い会社だと、そもそも名称のアイ・コンロもイワタニ・コンロの略なのではないかと勘ぐってしまいます。社名のアイ・システムネットワークもそんな感じなのでは!?(※確証はありません)

値段は本体1890円、ガスボンベも3本306円!

アイ・コンロ、はっきり言って安いです。価格については見出しに書いたとおりで、値段は本体価格1890円。ガスボンベも3本で306円です。これが税込。

さらにはこれにヨドバシ.comのポイント10%還元も当然つきます。10%還元=現金値引きだと9%割引相当ですので9掛けすると、コンロは1701円相当。ガスボンベは275円相当。……合わせても2000円以下相当になってしまいますね。

人件費とか製造原価的にホントにいいの!?という価格で、これはめちゃくちゃ安いです。

ちなみにヨドバシ.comで安い順からソートして最も安いコンロがこれ。Amazonや楽天市場でも調べましたが、これが最安値クラスのカセットコンロじゃないかなと。

とにもかくにも値段は問題無くクリアですね。

まこと
まこと

これで利益出すんですからすごい。プリンタと同じで消耗品のガスボンベで儲けてるのでしょうか。

評価良し&カセットコンロ本体は日本製!?

値段が安くても、安かろう悪かろうでは意味がありません。しかし先ほどのとおりアイ・コンロは天下のイワタニグループ。どこぞの無名メーカーよりも安心度は高いです。

ちなみに本体のレビューは、執筆時点で★4.6(レビュー数88)と高評価。Amazonでも★4(レビュー数113件)ですので、口コミ評価の数と信頼性は高そうです。

しかもヨドバシ内のレビューを見ると、本体は日本製のものが届いたとのこと。もちろん口コミで書いてあるだけで、時期によって生産国は変わる可能性があります。今もまだ国産かどうかは別の話ですが耳よりな情報です。

ガスボンベは韓国製!?

アイ・コンロの専用ガスボンベは、アイ・ボンベです。口コミにはアイ・ボンベは韓国製だったとありました。イワタニも韓国製を扱っていた時期があるようだし問題無いかなぁとも思います(希望的観測)。

まあ安い製品ですからね。もしも韓国製の場合、これだけは唯一妥協する要素になり得るかもしれないなと思いました。

まこと
まこと

後述しますが、実際届いたものは本体・ガスボンベ共になんと国産でした。

もちろん即買い!届いた物は・・

今はコロナ禍のステイホームでカセットコンロが売れまくっている模様。アパート・マンションでは迷惑になりかねない話ですが、ベランダで使う人もいるんですって。

ですので在庫切れも多数ある状態です。数日前にヨドバシを見た時にはアイ・コンロも在庫なしだったので目にもとまりませんでしたから。

ですが見つけてしまったからにはもうこれしかない、また売り切れたら大変!と思い即買いしました。

注文して翌日に届く

コロナ禍のためか、通常は翌日配送のヨドバシですが、配送に時間がかかる模様。三日後にお届けとあったので期待していなかったのですが、当日に発送され、翌日に届きました。ヨドバシはamazonより安いときもありますし、結構気に入っています。

ちなみに日時指定をしようか迷ったのですが、これはしないで正解でした。指定してしまっていたら、届いたのは三日後になっていたことでしょう。

アイ・コンロが翌日に届いた

本体は日本製だった(2020/05/23時点)

口コミでは本体は日本製とのことでしたが、私が購入した時も日本製でした。外箱に国産と明記してあります。※上の画像の右の方に小さく記載があります。もっと大きく書けばいいのに!?

いやはや、この金額で国産とは企業努力に恐れ入ります。1890円でイワタニグループ企業の国産カセットコンロを買えるなら全然ありな気がします。

ニチネンのガスボンベも購入した理由

実は今回、ニチネンのガスボンベ3本と、アイ・ボンベ3本を併せて購入しました。

わかば
わかば

ニチネンは別メーカーだよね。

ニチネンのガスボンベには、パッケージにでかでかと「国内製」と書いてあります。つまりは明確に国産品であるということ。これも未来はどうなるかは分かりませんが、当分は国産品が続くだろうと推測されます。運が良ければずっとかもしれません。

対してアイ・コンロの方は先ほどのとおり韓国製との口コミあり。値段も1本あたり3円くらいしか変わらないなら国産のニチネンの方が良いかな、本体の保証期間が過ぎたらニチネンをメインにしようかな、と思い購入しました。

もちろん本体の保証期間内はアイ・ボンベを使う予定です。

思わぬ誤算、なんとアイ・ボンベも日本製だった(2020/05/23時点)

なんとなんと、思わぬ誤算がありました。韓国製だと思い込んでいたので気にしていなかったのですが、何気なくガスボンベをみたら……

MADE IN JAPAN!なんとガスボンベも国産でした。

これは2020/05/23時点のアイ・ボンベです。いつまでそうかはわかりませんが、コンロもボンベも国産でこの価格なら言うことはありません。

近所の安売り店で見たアイ・ボンベは韓国製でした。両方で製造しているのかもしれません。

個人的には一人暮らしなら12本~16本くらいは備蓄しておいた方が安心なので、追加で購入したいと思います。

まこと
まこと

日本製であればアイ・ボンベをまとめてもっと買っておいても良かったです。

まとめ

アイ・システムネットワークが販売するカセットコロンロ&ガスボンベは、とにかく安い。国産でこの値段なら買わない理由は無いというほど、安価に購入でき、防災レベルをアップグレード可能です。

防災に備えて持っておいた方が良いとは思いつつ、値段をネックに買わなかった方には朗報ですね。

もちろん生産国は製造時期によって変わる可能性もあります。100%でいつ購入しても日本製だとは言えないことはご承知置きください。本文中にも書きましたが、特にガスボンベに関してはMADE IN KOREA(韓国製)も併売されていることを確認済みですので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました